ドレス

色々な写真を残せる

ウェディングドレスを購入するのかレンタルするのか悩むところですが、写真撮影で色々な種類を試せるのがレンタルのいいところと言えるでしょう。着た時のイメージに合わなければ、どんどん別のものを試して合うものを選べます。

新郎新婦

指輪の相場を把握しよう

現在のエンゲージリングの平均的な相場は、およそ30万円ほどとなっており、給料一カ月分が一般的なトレンドになっています。また安価な物にも一定の支持があり、10万円以下でも良い物は沢山あります。むしろ結婚生活に向けて安い物を選ぶという、現実派なカップルも少なくありません。

女性

最新のものもある

ウェディングドレスはレンタルがおすすめです。レンタルでも種類が多く、デザインもいろいろあります。オリジナルデザインや新作デザインなども入荷されているお店で選びましょう。また、年齢に合うデザインやマタニティ用など、いろいろあります。

指輪

予算から決める

エンゲージリングを購入するとき、まず決めないといけないのが予算です。予算が決まったら、その範囲内で購入できるダイヤモンドを選びます。ダイヤモンドが決まったら、それを載せるリングのデザインを決めていきます。

ドレス

新作情報やプラン

ウェディングドレスをレンタルすると決めたら、業者選びが必要です。新しいデザインがいいなら、新作を多くそろえている業者を選びましょう。ブライダルフェアを開催しているところなら積極的に参加しましょう。特典がもらえるかもしれません。

定番から新素材まで

リング

プラチナやゴールド以外

エンゲージリングといえば主役は宝石です。ダイヤモンドを選ぶことが多いですが、好みの宝石があったり誕生石などで作ることもあります。婚約時から結婚式までつけるリングですが、もちろん結婚後もいろいろつける機会のある指輪になります。せっかくの指輪ですから、できるだけ気に入ったものを選ぶようにすると良いでしょう。エンゲージリングにおいて選ばれる素材としては定番はプラチナとゴールドです。マリッジリングでも同様でしょう。プラチナにしてもゴールドにしても、100パーセントの状態では使いません。それぞれ柔らかい金属なので、変形してしまう可能性があるからです。他の金属を混ぜて強度を高めたものを使います。ゴールドにはプラチナに似たホワイトゴールドなども選べるようになっています。エンゲージリングにホワイトゴールドを使うときにはアレルギーに注意が必要です。ゴールド以外に使われる金属にアレルギー反応が出やすいためです。事前に確認しておくと良いでしょう。エンゲージリングの素材には定番のもの以外も使われるようになっています。より硬い素材として知らられるのがチタンです。非常に丈夫な上、それなりに高級感もあります。チタンもアレルギーが起こりにくいですが、それ以外にはジルコニウム、イリジウム、ステンレスなどもアレルギーが少ない素材になります。ダイヤモンドにお金をかけたいならリング側は少し安めの素材を選んでもいいかもしれません。ダイヤモンドとの相性も大事になります。

株式会社ジョイフルまるやま

ハワイでのウエディングをお考えの方は必見です!こちらで現地の人気の会場をチェックしよう。

Copyright© 2018 エンゲージリングの選び方【できるだけ気に入ったものを選ぶ】 All Rights Reserved.